美容

柔らかい手のつくりかた

 

こんばんは、町田美香子です。

 

暦の上では春になりましたがまだ寒いですね。

ところで、、お肌は乾燥していませんか??
お客様はもちろん、私たち自身もケアが欠かせない季節ですね。

そしてお顔だけでなく、手のケアはおろそかになっていないでしょうか?

先日初めて私のサロンへいらしたお客様から
『手がとっても柔らかくて驚きました』
『これまで色々エステを受けましたが今までで1番手がツルツルで気持ちいいです』
とお声をいただきました。

よくうかがうと、、
これまで行ったエステでかたくガサガサな手のひらのエステティシャンにマッサージをされたことがあり、、
『お肌がものすごく痛かったの(‘Д’)』と話してくれました。

マッサージの手技や工程はとても大切ですがそれを提供するのは自分自身の【手】ですよね。

あなたの手は、しっとりモチモチしていますか?

ここからは私が日頃手を柔らかく保つために気にしているポイントを7つ書いてみますので「最近手が乾燥してるかも…」と思う方はぜひチェックしてみてくださいね。

プロがおこなうハンドケア 7選

 

①水まわりのお掃除はゴム手袋を使用

⇒お風呂、キッチン、掃除等は全てゴム手袋を使い手を守ります

②毎日のごはん作りは調理用手袋を使用

⇒料理の時は手がぬれたままの作業が多いので必ず手袋をします(調理用手袋はAmazonで購入してます)

③重い荷物は手のひらでもたず腕や肩にかける

⇒重い荷物を手で持つことは手のひらがかたくなる原因になります
スーパーの袋などもエコバッグにいれ肩にかけてもつようにしています

④手を洗ったら水気をよく拭き取る

⇒基本ですが手をぬれたまにしないことを意識していますほっておくとすぐにささくれができてしまうので

⑤爪の切り方

⇒側面や角がかたくならないよう丸く切っていきますマッサージ中に爪が当たることほど不快なことはないので指の側面まで気を配ります

⑥寝る前にたっぷりのハンドクリーム

⇒ハンドクリームは寝る前にたっぷりとそれ以外は気になった時だけぬっています

⑦冬は手袋をして手を冷やさないように

⇒血行が悪く冷えていると新陳代謝が活発にならず皮膚の生まれ変わりが遅くなるので寒い日は特に手を冷やさないよう気を付けています

 

パッと思いつく限りかいてみました。

 

ちょっとだから…と素手で食器洗いをしてしまう…なんてことはありませんか?

ほんのひと手間でお客様からのご反応がかわってくるはずです。

お客様のお肌にふれるまえには手を清潔にし、柔らかく気持ちの良い【手】を準備しましょう。

日頃の積み重ねですから、ぜひできるところから意識してみてくださいね(^^)

ABOUT ME
町田美香子
町田美香子
【エステサロン運営・エステ講師】 サロン運営をしながら、本物のエステ技術の普及、個人サロン運営のノウハウを伝えている。 <主な実績> ・銀座の大手サロンにて入社2年目に月間売上で全国トップを獲得 ・1日平均7名の指名予約が入るトップエステティシャンとなる ・運営するエステサロンはお客さまリピート率90%以上 ・主催するエステ講座は、年間200名以上のエステティシャン・サロンオーナーが参加 詳しいプロフィールはこちら