スキンケア

季節の変わり目のお肌に必要なのは皮膚科?エステ?

季節の変わり目は
お肌がイマイチ‥
という方が多い今日この頃。

温度も湿度も日によって違うので
体も肌もその変化についていけない‥

そんな状態のお肌を
ゆらぎ肌といいます。

 
もちこ
もちこ

ゆらぎ肌は男女関係なくおこるのだ


私の夫も
まさにゆらぎ肌。

昔はアトピー、今は乾燥肌。

普段からケアは怠らないので
お肌はツヤツヤなのですが

季節の変わり目には
必ずといっていいほど
体がかゆくになるそう。

一度かゆくなると
皮膚に熱をもつくらい
強くかいてしまうので

『かくのやめなよー( ゚Д゚)真っ赤だよ』

といっても、

『これは経験者にしかわからないんだぜ(´;Д;`)』
と。

そして昨日、
とうとう我慢できず皮膚科へ
行った様子。

かゆそうな姿をみているのは
つらいので安心しました。

 

もちこ
もちこ

かきむしるのをみてるのはつらいものだぜ


改めて
皮膚のトラブルには皮膚科
健康な皮膚にはエステだなと
思いました。

皮膚のトラブルとは
たとえば、炎症とかイボとか
赤みを持ったニキビなどです。

これらは原則
エステでケアすることはできないのです。


エステは
健康なお肌に提供するものなので
皮膚トラブルの場合は
皮膚科で診断、治療してもらうのが1番です。

もちこ
もちこ

エステティシャンは本来
医療行為、診断なども、してはいけないのだ

 

しわ、くすみ、
乾燥、たるみをなんとかしたい。
肩こりや疲れをとり
リラックスしたい。

そんな方のためにエステはあります。


シミに関しては
エステ後、
多少薄くなったように感じることもありますが
即効性はなく
根本的な解決にはならないので

「シミを消したい」
というお問い合わせの方には
私は皮膚科での治療をおすすめしています。

お肌について相談されたときに
このようにはっきりお伝えするのも
エステティシャンの役割だと思っています。

もちこ
もちこ

今日のまとめだよ


エステ→しわ、くすみ、乾燥など
疲れやケア不足が原因でお肌の治療を必要としないもの

皮膚科→炎症、イボなどの専門家による肌診断を必要とするもの


ということで今日は
エステと皮膚科でできることの違い
についてでした。

参考になりましたら嬉しいです。

ABOUT ME
町田美香子
町田美香子
【エステサロン運営・エステ講師】 サロン運営をしながら、本物のエステ技術の普及、個人サロン運営のノウハウを伝えている。 <主な実績> ・銀座の大手サロンにて入社2年目に月間売上で全国トップを獲得 ・1日平均7名の指名予約が入るトップエステティシャンとなる ・運営するエステサロンはお客さまリピート率90%以上 ・主催するエステ講座は、のべ170名以上のエステティシャン・サロンオーナーが参加 詳しいプロフィールはこちら